2008年の目標

前のエントリーでは、元旦に目標書くつもりだったのに、初詣から実家帰省やら親戚周りやらなんやらで、今日になってしまいました。

というわけで、2008年で個人的な目標を。

【整理整頓】

まだ途中なのですが、正月に佐藤可士和の超整理術という本を読み、如何に自分が整理する事から逃げていた事に気づかされました。
整理する事自体は嫌いではないのに、何でできないのだろうと自己分析をすると、「整理するための場所」を準備していないためだと気づきました。

そのため、今年は自分の部屋に幅2畳分の壁に本棚を自作で作成し、整理整頓するための収納スペースをまずは大きく確保する事にしました。
まずは目に見える物を整理する事から初め、徐々に思考を整理していく事を実現していきます。

【自分にしかできないものを見極め実行に移す】

前のエントリーでは、「期待された事をこなす」事について少し書きましたが、それとは違う軸で、自分にしかできないものをしっかりと見定めて、それを強みにして行こうと思います。
でも「自分にしかできないもの」って中々自分で見つけるのは難しいものであって、これは周囲から気付かされる事が多いような気がしています。なので周囲の「期待された事」をこなしつつ、たくさんの人と関わっていく中で自分を再発見・再構築していければいいのではないかと考えてます。

この話をする時、いつも@hsmtさんと年末に話した事を思い出します。
「期待される事をこなしながら、自分のやりたい事の方にたぐり寄せて行けばいい。」
これは今年の僕が動く中で非常に大きな指標の1つになりそうです。

で、現時点で何か自分でやるべき事は何かと考えたら、「FDS」というサイト運営に辿り着くのですが、このサイトも実は「周囲から期待された事・望んでいた事」を形にしたサイトでもあり、あながち違う軸ではなく、自分のやりたい事に繋げられるのかなと思ってます。
まずはFDSをユーザー参加型サイトに昇華させて、福岡のユーザーと直接触れ合ってる強みを活かせたサービスを展開できる土台を今年中に築きたいと考えてます。

【我欲を貫く】

私は生来、「他人軸」「受け身」の性分で、自分よりも他人のために頑張れて、周囲の意見を気にして合わせてしまう、八方美人タイプのようです。
悪く言えば「嫌われる事を恐れて問題を長期化して結局嫌われてしまう」タイプとも言えます。

でも他者に取って必ず良いと思える自分の考えは多少強引でも貫いていき、相手にとって良い結果が生まれるために、嫌われる事を恐れずに動いて行こうと思います。
(かといってワガママになると言う訳ではないですよ)

昨年末、仕事の案件でもコミュニティ関係の中でも、自分なりに少し手応えを感じた部分がありました。(ほんの少しですが)
この辺りをもっと良い方向に伸ばせていきたいですね。

【キャラを出す】

本人は全く自覚しておりませんし、腑に落ちませんがどうも私はキャラがあるようです。
(去年はムーディーと呼ばれ続けた年でした。)

でも「キャラ扱い」される事は、周囲の1つの評価でもあるので、受け入れられる部分は受け入れて、良い意味での自分へのプラスに持って行こうと思います。
(かといって釈然キャラ扱いは断りますが)

【本を読む】

去年はあまり読書の時間が取れないままでしたが、これは言い訳にしかなりません。
いろんな人の経験から成り立つ意見を知り、その経験値を少しでも自分の物にするため、月に2?3冊の本を読める時間を作ります。
あんまり肩肘張らずに楽に読書を楽しむ心の余裕を作る事が大事かもしれませんね。

ちょっと長く、欲張りな感じの目標になってしまいましたね・・・
今年も頑張っていきますので、皆さんどうぞ宜しくお願いします。

この記事を書いた人

Web制作の日々のブログです。
主に自分用のメモが大半。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 期待されるってホント、ありがたいことですね。
    今年は、同時に「期待する」こともやっていきたい、はしもとです。
    そして、「ありがとう」の輪を形成したいですね。
    なんだか、うわっついたこと言ってますが、本当にそうなったら、うれしいですよねー。

  • あけましておめでとうございます。

    わたしは「ありがとう」メッセ-ジの最首代表にコメントさせていただき、そして1月2日には古希を迎え70歳になりました。
    10年前に日本財団より100万円の助成金をいただき「ザ大学機構」(任意団体)を立ち上げました。それは、日本の教育や人材育成に危機感を持ったからです。
    メンバ-の一人としてご挨拶致します。

コメントする

*

目次
閉じる