イラストレーターのブレンド機能からキャラクターのモーフィングを作ってみた

nasutoma_morphing勢いでナストマのモーフィングGIFアニメを作ってしまいました。
その時の全く役に立たないTIPSを書いてみますw
(個人的に敢えてFlashを使ってないのがミソです)

  • イラストレーターのブレンド機能でキャラクターのモーフィング
  • Fireworksで複数画像を一発でステート(CS3までのフレーム)に配置してGIFアニメに

イラストレーターのブレンド機能でキャラクターのモーフィング

illustoratorにはブレンド機能という、A→Bの変化の段階を自動的に生成してくれる便利な機能があります。
しかし、トマトとナスみたいなキャラクターの場合、パスが多すぎて中間の計算がおかしくなります(図1)

nasutoma1
イラストレーター 図1 : 通常のブレンド

そこで、各パーツ単位でブレンドを掛けることで上手くいきます。
nasutoma2
図2: ブレンド調整後
nasutoma3
図3: 各パーツ毎にブレンドした

Fireworksで複数画像を一発でステート(旧フレーム)に配置してGIFアニメに

※下記手順は、Fireworks CS3での画面です。

  1. illustoratorのデータを画像データ(PNG等で)書き出し
  2. Fireworksで書き出したPNGを開いて各コマをスライスして書き出す
    nasutoma4
    nasutoma5
  3. Fireworksで新規ファイルを作成し、そこに上記のスライスで書き出された画像をまとめてドラッグする。
    nasutoma6
    うまくいけば?ファイル順に重なってくれる。
    (うまくいかなかった場合は順番を入れ替えたり、整列で揃える。)
  4. 全てのオブジェクトを選択して、ステートメニューの[ステートに配分]を実行
    nasutoma7
    CS3以前では[フレームに配分]です。
  5. これで一発でステート(フレーム)に配分されます
    nasutoma8
    ちなみに、選択オブジェクト郡の重なりが上ほど後のステートに配分されます。
    一番上のオブジェクトが一番最後のステートに、
    一番下のオブジェクトがステート1になります。
  6. 後はキャラB→Aに戻る分のステート(フレーム)を準備します。
    nasutoma9
    ここでは、[トマ]→[ナス]がフレーム1〜7なので、
    [ナス]→[トマ]の分としてフレーム1〜6を複製してから逆順に並べ直しています。
  7. 後は表示時間を調整してGIFアニメとして書きだせば完成です。
    決めのコマは1秒ぐらい止めてた方がいいですね。

[ステートに配分]は簡単なGIFアニメ(Nowloading画像とか)を作らないといけない時などに便利です。

ちなみに、元ネタのナスとトマトは何も見ずに僕がイラストレーターで書きましたw
思い出しながらだけど、意外と書けるもんですねw

思いついたのは、デジハリの授業でmutsuking氏がイラレの授業を行ってる時。
かけそうだなーと思って書いて、ブレンドしてみたらこんな事になってしまいました。

ナストマくんは携帯サイトで連載中です。
ナストマくんモバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*