display:none; もGoogleでは大丈夫だった

このブログを書いてる時点の話ですが。

display:none; とCSS上で非表示したHTML内の要素もちゃんとクロールされてました。
検索結果にも反映されてました。

なんでこんな事がわかったかというと。
制作途中の諸事情で、オープン時に未完成ページにおいて、
途中まで作成してた箇所をCSS[display:none;]で非表示にして、
ページ自体を「準備中」としてたまま公開してたら、
修正前にGoogleにクロールされて判明したわけです。

yahooがCSSをクロールしてると聞いたことがありますが、最近はどうなんでしょう。
Googleは今は読込んでないみたいですね、昔はしてたと聞きますが。

display:none;を多様してるようなCSSはスパムと認識される事も、将来ありえるかもしれないので、不適切なCSSは使わない事に超した事はないです。

そんな事よりも早くページを完成させろと(–;
○参考サイト
Googleはスタイルシートを読み込んでいない/SEO講座
http://www.cometgaze.net/contents/make-web/seo-googlestyle.html

CSSの画像置換についてコメントまとめ : webデザイナーのナナメガキhttp://loconet.web2.jp/blog/archives/2007/03/css_1.html

カテゴリー: CSSタグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*