杉山誠さんの告別式で挨拶した

うろ覚えだけど、こんな挨拶したと思う。
(手持ちの写真を載せました)

スギマコさん、貴方の事を思い出すと、
豪快な笑顔しか思い浮かびません。
本当によく明るく笑ってましたね。

僕はうっかりしてるので、そんな貴方によく笑われましたね。
でも僕は知ってますよ、貴方も家では結構うっかりしてたことを。
奥さん交えてその辺話したいなと思っていたのに。

、、、

何、うっかりしてるんですか。

たくさんの人といっぱい約束してたんでしょう。

来月、飲みに行く約束してたんでしょう、

亡くなる前日の勉強会の飲み会で、次の勉強会どうしようかって語らってたのでしょう、

こんなライブラリを作ろうか、って盛り上がってたんでしょう、

生徒の卒業制作楽しみにしてたんでしょう、

(僕にも家庭菜園見せてくれるって言ってたでしょう)

でもあなたは今頃、どっかで

「やべーなー、うっかりしちまったよ。」

と豪快に笑ってたりしてるんでしょうね。

貴方は、本当に心が大きくて広くて、
たくさんの人を受け止めてましたね。

だから、昨日の通夜も、今日ここにもたくさんの人達が集まりましたよ。

貴方が、沢山の人達が交流できるようにと
コミュニティ、勉強会、イベントを裏側で支えてくれたおかげで、
たくさん人達がたくさんの人達と出会えるきっかけができました。

たくさんの人が貴方から沢山のことを教わり、
その大きくて広い背中から、沢山のことを学ばせてもらいました。

僕もその一人です。

最後に改めてお礼をいわせてください。

「ありがとうございました。」

mutsukingがブログ書いたので僕も書いておいた。
お世話になった方との別れ | MutsuLog


スギマコさんの福岡で残した功績は形に見えづらいけど、本当に大きい。
ここ数年、福岡でいろんなコミュニティ活動が当たり前になってるのも、
大きなイベントが行われるようになったのも、
決して昔からそうだったんじゃなくて、
スギマコさんや@hsmtや@nishiakiみたいな福岡を憂いてた人達が小さくてもいろんな活動を通じて、
いろんな人にコミュニティの在り方を考えてもらって、
それが自浄作用みたいに、みんなが自分たちで考えて動けるようになって、
それが当たり前として動いてる人達を、沢山の人達が見て(勉強会に参加するとかで)、
「あ、こういう考えで動けばいいんだ」ってなってるんだと思う。

だから「福岡のコミュニティ文化」を作って支えた人の一人だと思う。
だって僕も周囲のみんなも、ほんの数年前まで「コミュニティって?」だったんだもん。

それがみんな各自でコミュニティ活動を展開できてたり、
何かやろうと思ったらすぐ動けるような、思考とフットワークをできるようになってるんだもん。

文化は引き継がれるもの。
終わらせちゃいかんよね。

お知らせ

Togetter – 「【訃報】 杉山誠さんを惜しむ声」
http://togetter.com/li/37887
個人的に集めてみました。
なんかTwitterが公開電報みたいになってますが、これで皆がスギマコさんの事を偲べるならやって良かったなと思えてます。

杉山誠さんの写真募集


(2007年のクリスマスパーティーを僕の家で行った時の、本当に大笑いした楽しい思い出の僕の大好きな写真です。)

写真共有サービス(30days)を使って、杉山誠さんの生前の写真を集めてます。
奥さんに落ち着いた頃にお見せしたいと考えてます。
誰でもアップできるようにしていますので、小さい写真でも何でも構いません。
写真をお持ちの方は、私にTwitterでdするかメールください。
URLと合言葉を返信します。

写真だけ見たい!って方もOKです。
ここ一ヶ月ぐらいは受け付ける予定です。

ご協力お願いします。

杉山誠さんの告別式で挨拶した” への2件のフィードバック

  1. ピンバック: MutsuLog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*