メモ:BaserCMSでCKEditorをカスタマイズする

自分用のメモ。BaserCMSの管理画面で利用されているエディタ:CKEditorのカスタマイズについて。
*画面は新管理画面1.7β版です


事前準備:ckeditor.phpを複製

basercmsのCKEditorの設定は、/baser/views/helpers/ckeditor.php 内に書かれてる。
そのままいじると、[baser]領域のバージョンアップ時に変更されてしまうので、
/app/views/helpers/ckeditor.php に複製しておく。

[code]
/baser/views/helpers/ckeditor.php
↓複製
/app/views/helpers/ckeditor.php
[/code]

※BaserCMSの基本として、[baser]内にあるファイルは触らない。
触りたい時は、[app]内に同じディレクトリで置くこと。そうするとそちらが優先されるようになる。

[スタイル]の中身をカスタマイズする

/app/views/helpers/ckeditor.php の50行目辺り。

[php]
var $style = array(
array( ‘name’ => ‘青見出し(h3)’,
‘element’ => ‘h3’,
‘styles’ => array(‘color’=>’Blue’)),
array( ‘name’ => ‘赤見出し(h3)’,
‘element’ => ‘h3’,
‘styles’ => array(‘color’ => ‘Red’)),
array( ‘name’ => ‘黄マーカー(span)’,
‘element’ => ‘span’,
‘styles’ => array(‘background-color’ => ‘Yellow’)),
array( ‘name’ => ‘緑マーカー(span)’,
‘element’ => ‘span’,
‘styles’ => array(‘background-color’ => ‘Lime’)),
array( ‘name’ => ‘大文字(big)’,
‘element’ => ‘big’),
array( ‘name’ => ‘小文字(small)’,
‘element’ => ‘small’),
array( ‘name’ => ‘コード(code)’,
‘element’ => ‘code’),
array( ‘name’ => ‘削除文(del)’,
‘element’ => ‘del’),
array( ‘name’ => ‘挿入文(ins)’,
‘element’ => ‘ins’),
array( ‘name’ => ‘引用(cite)’,
‘element’ => ‘cite’),
array( ‘name’ => ‘インライン(q)’,
‘element’ => ‘q’)
);
[/php]
この辺を好きに触ればOK。
不要なものはコメントアウトしておく。(青見出しとか)

ツールバーのカスタマイズ

/app/views/helpers/ckeditor.php の231行目辺りにツールバーのアイコン表示の設定が書いてあります。

[php]
$toolbar = array(
‘simple’ => array(
array( ‘Bold’, ‘Underline’, ‘-‘,
‘NumberedList’, ‘BulletedList’, ‘-‘,
‘JustifyLeft’, ‘JustifyCenter’, ‘JustifyRight’, ‘-‘,
‘Format’, ‘FontSize’, ‘TextColor’, ‘BGColor’, ‘Link’, ‘Image’),
array( ‘Maximize’, ‘ShowBlocks’, ‘Source’)
),
‘normal’ => array(
array( ‘Cut’, ‘Copy’, ‘Paste’, ‘-‘,’Undo’, ‘Redo’, ‘-‘, ‘Bold’, ‘Italic’, ‘Underline’, ‘Strike’, ‘-‘,
‘NumberedList’, ‘BulletedList’, ‘Outdent’, ‘Indent’, ‘Blockquote’, ‘-‘,
‘JustifyLeft’, ‘JustifyCenter’, ‘JustifyRight’, ‘JustifyBlock’, ‘-‘,
‘Smiley’, ‘Table’, ‘HorizontalRule’, ‘-‘),
array( ‘Styles’, ‘Format’, ‘Font’, ‘FontSize’, ‘TextColor’, ‘BGColor’, ‘-‘, ‘Link’, ‘Unlink’, ‘-‘, ‘Image’),
array( ‘Maximize’, ‘ShowBlocks’, ‘Source’)
)
);
[/php]

カスタマイズ例)

  • 書体( ‘Font’)を削除:ユーザーに変な書体を指定されないように
  • リンクの”アンカー挿入/編集”(‘Anchor’ ) を追加:ページ内リンクを指定できるように

[php]
array( ‘Styles’, ‘Format’, ‘Font’, ‘FontSize’, ‘TextColor’, ‘BGColor’, ‘-‘, ‘Link’, ‘Unlink’, ‘-‘, ‘Image’),

array( ‘Styles’, ‘Format’, ‘FontSize’, ‘TextColor’, ‘BGColor’, ‘-‘, ‘Link’, ‘Unlink’,’Anchor’, ‘-‘, ‘Image’),
[/php]

フォーマット(書式)の選択項目から”見出し1 (H1)”を消去する

/baser/vendors/js/ckeditor/config.js を開きます。

※前述の /app/ に複製するとうまく動かなかったので、暫定処置。
/baser/ 領域のアップデート時に上書きすると元の設定に戻ります。

CKEDITOR.editorConfig = function( config ){ }; 内にフォーマットの指定を新たに記述します。

[html]
CKEDITOR.editorConfig = function( config )
{
config.format_tags = ‘p;h2;h3;h4;h5;pre;div’; //デフォルト:  ‘p;h1;h2;h3;h4;h5;h6;pre;address;div’
};
[/html]

参考サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*