CSSフレームワークのFoundation 3をbaserCMSのテーマに対応させました(一部のみ)

AdventarなるブログイベントにbaesrCMSが参加してたので、僕も一つ記事を書いて見ることにしましたよ。

Adventar
Advent Calendarとは

Advent Calendarは本来、12月1日から24日までクリスマスを待つまでに1日に1つ、穴が空けられるようになっているカレンダーです。技術系のAdvent Calendarはその風習に習い、12月1日から25日まで1日づつ技術系のネタをブログに投稿していくというイベントです。

本サイトでは技術系アドベントカレンダーの作成や登録などを行うことができます。

baserCMSの人達のアドベントカレンダーはこちら

今回は最近、僕がGitに公開したbaserCMSテーマのお話です。

baserCMS Foundation3

このテーマはCSSのFramework foundation 3 をbaserCMSテーマ用に組み込んだものです。
iPhone , iPad, PCブラウザなど違うデバイスでも画面幅に応じて最適化されるレスポンシブデザインとなっています。

例えばiPhoneだとグローバルメニューが折りたたまれるようになっていたり、
HOMEのメインイメージをスマートフォン用の個別の画像に入れ替えて表示させることもできます。

テーマファイルはGitHubに公開していますので、こちらからzipでダウンロードしてください。
(記念すべきGitHubへの初コミットがbaserCMS絡みで光栄です)

Foundation3が元々sass対応なので、sassファイルも一緒にコミットしています。
(あまり活用はしていません)

デモサイト

良ければデモサイトを御覧ください。

Foundation 3って何?

Foundation 3 公式サイト http://foundation.zurb.com/foundation3

CSSのフレームワークの一つで最近盛り上がってるようです。
特徴としては、規約にしたがってHTML+CSSを書けばお手軽にレスポンシブデザインを実現できる点です。

関連サイト

ToDo

実際はまだFoundation3の全ての機能・フォーマットを移植するまでには至っていません、、、
今後も少しづつブラッシュアップしていく予定です。

誰かご協力お願いします<(_ _)>

  • パンくずリストのHTML出力
  • メールフォームをfoundation 3のフォーマットに合わせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*