顧問デザイナーについて #fukuokaphp vol.19で登壇してきました

Fukuoka.php Vol.19 の発表資料です。
http://connpass.com/event/42492/

vol.18に引き続きPHP成分ゼロだったのに連続で登壇させていただきました。
暖かい運営者の@akase244 や受け入れてくれた皆さんに感謝です。

きっかけは「顧問プログラマー」さんと飲んだこと

最近「顧問プログラマー」をしてる方と飲んで、そこで「顧問デザイナー」ってどうなんだろう?
そのニーズを知りたくてSNSに投稿したのを、たまたま@akase244 に見られて声掛けられたのが今回の登壇した流れです。

数社で社外CTOされてる方からも。

福岡で有名なあの人からも。

システム会社在籍のwebデザイナーさんからも。

顧問デザイナーのニーズを実感

SNSで数人から反応していただき、これはニーズあるかもしれない、
どうせならシステムな人達が集まる場で聞いてみようと、CGFM 2人でモヤモヤしてる構想をスライドにまとめたのが上のスライドでした。

ありがたいことに登壇中にも登壇後にも懇親会でもシステムの方々から話をお聞き出来てニーズを実感できました。

スケールしない(できない)ので無理に探さない

CGFMは特に毎月固定収入がありません。(とても威張れることではない)
たった2人のリソースなので保守や運用は基本お断りしており、それよりも新規案件やリニューアル、企画提案の方に注力してきました。
これらかもそうしたいと考えてます。

なので制作リソースはこれからも一定量は確保したいので、料金やプランによりますが5〜10社が最大だろうなと。

信用でき、気心わかっていて、高い技術力と面白いサービスを持っていて、
僕らがシステムにリスペクトするようにデザインにもリスペクトの念を抱いていただける(重要)、
そんな福岡のシステム会社さんとならコミュニティやSNS経由で繋がれると思うので、
過度な営業や自社サイトでの募集や宣伝は止めておこうと思ってます。

基本は実際に会うオフラインをベースに

色々アドバイスをもらった結果、Slackなどのオンライン参加よりもリアルベースのオフラインを大事にしようと傾いてます。
(これまで信頼関係を築けてる会社とは東京でもオンラインでもやれそう)

月1回の訪問でのアドバイスが基本で、オプションで実作業になるかなと。
(実作業はファシリテーション〜社内会議参加とか画面デザインとかHTMLコーディングとか)

ともかく新事業として今年中に始めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*