Apple、Windows版Safariをβ公開

?ITmedia News:米Apple、Windows版Safariをβ公開

?Appleが本格的に提供するWindows向けアプリケーションとしては、QuickTime、iTunesに次ぐもの。SafariはMac OS Xではデフォルトブラウザとなっているが、全体におけるシェアは5%未満で、WebアプリケーションやWebサイトの対応では優先度が低くなりがち。 SafariのWindows版が一定のシェアを確保すれば、Safariの地位向上を狙うことが可能になる。

Windows版でSafariが発表されました。
まだβ版で日本語には対応していない模様。

Apple – Safari 3 Public Betaを見ると、どのメインブラウザよりもレンダリングが早いとしてありますが、どうなるんでしょうかね。
立ち上がりも早くて軽くてサクサクなら使うかも。

Mac版でもSafari3が出る様ですが、Safari2を上書きインストールするようなので試したらすぐ消した方が良さそう。

Mac版は現行の正式バージョンを英語版のBeta 3で書き換えてしまうので注意が必要。ただし、アンインストーラは付属し、元の状態に戻すことも可能となっている。

もう実際に入れて試してる方もいらっしゃいました。

hide-k.net#blog: Safari 3 Public Beta for Windowsを試してみた?

hide-ke.netさんの評価を読むと日本語フォントはまだまだのようです。
マルチバイトフォントに対応したら私もインストールして試してみようかな。

これでまたブラウザチェックするブラウザが増えると思うと少し憂鬱です。

全然関係無い事なんですが。
私が個人的に気になってるAdobe Firewokrs CS3の新機能で「共有ライブラリにより、各OSごとのフォーム部品を挿入できる」というのがあるのですが、Win/Safariにもいずれ対応するんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*