マリオカートWiiでWiFi対戦やってみた

マリオカートWii - Amazonゲームネタです。

昨日、日曜日の夜に、友人らと試しにマリオカートWiiの通信対戦をやってみました。

これがまた熱い!

乱戦になるには4人以上

最初2人で試してみたんですが、
WiFi対戦だとCPUを出せないため2人だけでのレース。これが全然面白くない。
実力差が歴然としてしまうし、アイテムもしょぼいのしか出ない。

それが4人ぐらいになると、後ろの順位ほど良いアイテムが出るようになり、乱戦になってくる。
この乱戦になればなるほど楽しくなるのがマリオカート。
実力+運にもなってくるからヒートアップしてきます。

友人の息子さんやら、仲間の彼女さんも入ったりで最大5人でレースを1戦だけやれたのですが、この時が一番面白かった!

WiFi対戦は一カ所から最大2人参加可能。
そして参加MAXは8人。
なので4つの家庭から2人ずつ参加すれば、全員プレイヤーの8人の激熱バトルが展開できるのか。

と思って調べてみたら、なんと最大12人同時対戦可能だってさ!

Q.04 何人で遊べますか?
A.04最大4人で遊ぶことができます。また、ニンテンドーWi-Fiコネクション
を使えば世界中のプレイヤーと12人同時に対戦することができ、その場合
1台のWiiから2人まで同時にレースに参加することができます。

コミュニケーション方法がおもしろい


待機中のメッセージ機能も新鮮。
既に用意されてるメッセージを選ぶだけですが、固有名詞・コース名など合わせても100個以上あり、コミュニケーションには困りませんでした。

これは海外とのやりとりにもきっと対応してるのかな?
あらかじめプリセットされたメッセージならそれも可能だし、子供でもどんどん遊べるもんな〜

Skypeで音声チャットしながらやってみたい

でもやっぱり対戦の醍醐味は相手を感じる所にあると思うのです。
Skypeとかで音声チャットしながらとかでもいいので、
「うおー!?」「誰だ!やられた!」「ちょ!勘弁してよ〜」
なんて声が聞こえるだけでも違うと思います。
(Ustはちょっとやり過ぎだろうな〜。)

あと細かいやりとりとか指示とかは携帯メールやSkypeのテキストチャットを使いながらになったので、
やっぱりみんなSkypeの類いは合った方が便利ですね。

ランキングのインターフェイスが気持ちいい

これは通信対戦の事じゃないのですが。

タイムアタックのランキングを、フレンド内のみや世界ランキングで表示するインターフェイスが、ふわふわしててとても気持ちいいしわかりやすい。
だいたいこの辺、ってのがとても直感的だったのが印象に残りました。

フレンド内でタイムアタックのランキング出るのが面白い。
というか静かに燃えさせる仕掛けだ、これはw

どうでもいいんだけど、Wiiなどのゲーム機をスクリーンショットとか録画したいんだけど、皆どうしてるんかな?
手持のDVカメラに繋いでキャプチャすると汚くて・・・

すごくどうでもいいのですが、個人的にハンドルは公式のよりも一回り小さくて黒いゴムのグリップがついた「Wii用ハンドルアタッチメント『ステアリング グリップ』」がお気に入りです。

マリオカートWiiでWiFi対戦やってみた” への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*