Contribute CS3のスタイルで「見出し」が選択できなくなるバグ

最近 Contribute 3 → CS3にバージョンアップしたクライアントからの指摘で判明した現象です。

この記事の目次

現象)

  • ページの編集画面で「スタイル▼」の選択一覧から[見出し1]〜[見出し6]が消え、選択できなくなる
  • Windows XP 、Mac OS 10.5の両方のContribute CS3で現象確認

ハマりにハマりまくり、いくらサイトを検索しても現象は見つからず。
なんとか原因は何かと調査を始め、なんとか発見&解決。
これだけに1日を費やしてしまいました。。。

解決方法)

CSS上で見出しタグ(h1,h2,h3….)での初期化指定を外す。

よくある初期化で、見出しタグをこんな風に書いてたらアウト。

[css]
h1,h2,h3,h4,h5,h6{
margin:0; padding:0;
font-size:100%;
font-weight:bold;
}
[/css]

頭に何かのセレクタを付けるか、初期化をしない方向でCSSを組み直す必要があります。
例えば<div id=”contents”></div>内にある見出しを初期化したかったら、こんな感じ。

[css]
#contents h1,#contents h2,#contents h3,#contents h4,#contents h5,#contents h6{
margin:0; padding:0;
font-size:100%;
font-weight:bold;
}
[/css]

Yahoo! UI Library: Reset CSSなんか使ってたら、悲しいかな確実にアウトです。
見出しの指定箇所をコメントアウトするかしないといけません。

もっとも最近は初期化しない流れですけどね。
素直に初期化を消して、個別に指定する方が良いかと。

あと小ネタです。

Contribute CS3でのスタイルの設定
Contribute CS3でのスタイルの設定

Cotribute CS3での編集画面で、HTMLの見出しスタイルを含めるかどうかの設定があります。
もし見出しをユーザーに指定させたくない場合はここのチェックを外しましょう。

また編集画面で選べる[スタイル一覧▼]はそのままだと利用してるCSSの全class名が出るので、探すのが大変な事になりがちです。
そんな時はクライアント側で使わせたいclassだけをまとめたCSSファイルを作成し指定すれば、
使わせたいclassだけ表示させる事ができます。
(更新効率が上がるのでオススメです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*