Macのリネームソフトは「shupapan」使ってます

shupanpan_icon
MacのリネームソフトはShupapanというフリーソフトを使ってます。
(Windowsだとカエ太郎使ってた)
これがめちゃめちゃ高機能でずっと愛用してます。

Nishiaki’s Log: ファイルのコピーを連番で繰り返し行うときのメモ【シェルスクリプト】 を読んで、
「シェルスクリプト使えない俺ならどうするかな〜?」と思ったので書いてみる。

  1. [hoge.jpg] をFinder上でコピペ(欲しい分)
  2. [hoge のコピー**.jpg] と増えたファイルをshupapanにドラック&ドロップ
  3. Shupapanの「連番付きファイル名に変更」で一気に変更

コピペがアナログですね、というか上記の作業はnishiaki氏同様ほとんどやらない。
(何の作業だったんだろう?)

シェルスクリプトが断然スマートだけども、そんなに作業頻度が高くないなら、、、
とリネームソフトを使ってしまいます。

▼Shupapanの操作画面(リネームのプレビュー)

shupanpan_view

個人的に気に入ってるShupapanのリネーム機能

  • 「日付の追加」でJPEGだとEXIF情報から「画像ファイルの撮影日」を指定できる
    • デジカメの写真を一気に処理する時に便利
  • 「日本語→ローマ字変換」が漢字も意外にちゃんと変換してくれる
    • 例) [商品写真.jpg] → [shouhinshashin.jpg]
  • 「指定文字列の検索置換」
    • なんだかんだでプレビューで確認できるんで安心
  • 「MP3ファイルのタグのリネーム」
    • 昔のMP3をiTuneに流し込む前の処理として重宝しました

こんなところかな。
とかくたくさんファイルを扱う作業が多いWeb制作作業では重宝してます。

ところでShupapanは何て読むんだろう?
「シュパパン」でいいのかな?
響きから高速感、サバケル感じがして個人的にナイスネーミング。

Macのリネームソフトは「shupapan」使ってます” への2件のフィードバック

  1. ご紹介ありがとうございます!
    早速ダウンロードしてみました。まだ使っていませんが、使いやすそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*