十日恵比寿

起業してから毎年、十日恵比寿にお参りするようになった。

とは言っても、長蛇の参列を見て「うげっ」となったので
早々に福引きの方に向かう。

私は宝船(※上の写真)をもらった。

我流氏は、でかいしゃもじを当てた。

これはつまり「食いっぱぐれがない」ってことだろうか?

それとも、奥に見える我流氏の書き初め「五キロ減量」に対して

「そんなのムリムリ(・∀・)」

と暗示しているのだろうか…

福引きで本当に当てたかった「日めくりカレンダー」は
欲しかったので結局買うことに。

この日めくりカレンダーは
その日毎に「今日の教訓」が書かれてて
毎朝めくる度に気持ちが引き締まる。

あと、露天で厄払い用のキーホルダーを買った。

このキーホルダーが何かしてくれる訳ではないが
「コンサルタントの秘密」にも書かれてたけど
人は支払った分だけ効果がある(はずだ)と思うものなので
気休めにしてもよいかと。

今年は私にとって前厄らしい。
去年後厄が終わったばかりなのに、また厄が来るのか。
そう思うと、30代の女の人は慌ただしいのかもね〜


「十日恵比寿」への2件のフィードバック

  1. 「十日恵比須神社詣り」パンフレットによると、
    ”一斗二升五合”とは、”ご商売、益々繁昌”=五升の倍、一升桝が二つで桝々、一升の半分が五合だから半升・・・日本語の面白さが解って、笑いが込み上げてくる仕掛け・・・みたいですよ!
    良い年になりそうですね!

  2. そうなんですね〜!
    日本語の言葉遊びもかけた目出たいものなんですね。

    実は、
    ”メタボにならないよう気をつけよう”
    と密かに思ってたのでホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA