リリー塾@警固神社

3/1(日)に警固神社で「リリー塾」がありました。

リリー・フランキーさんは
このイベントを主催しているインターナショナルアカデミーが
開講している講座「えほん教室」の講師です。

そのリリーさんが、イラストやえほんのお話をしたり
参加者の質問に答えてくれる、という内容です。

会場は座敷でどことなくアットホームな雰囲気。

本当は15時スタートの予定が
リリーさんが飛行機に乗り遅れたため
2時間遅れでスタートしました。

参加者の方も予測の範疇だったのか
イライラする様子もなく穏やかムードでした。

リリーさんが登場。

まずは「えほん教室」の受講生作品の講評をしながら
脱線もあり、絵本についての考え方をお話されました。

その後で、あらかじめ収集していた
参加者からのアンケートを元に
リリーさんが質問に答えていきました。

初参加で勝手が分からなかった私は
イラストレーターに関する真面目な質問を
ギッシリ書いてたのですが

多くの方の質問が、イラストに関する事ではなく
人生相談、悩み相談だったし
リリーさんも普通に(むしろ熱を入れて)答えられてたので

場違いな質問をしたかな〜と、ちょっと反省しました。

印象的だった答えがいくつかありました。

「絵本を描く事は、心を病んだ人のリハビリとして取り組む作業」

「絵本描きは99%食えない、と思ってていい」

「『食えてる=プロ』ではない」

「絵本を描く事は”お金”、”仕事”で考えられるものではない」

「”やりたい”ではなく”する”」

「絵本を描く時は”考え過ぎない”、もっと”シンプル”に」

「みんな違うリズムで生きているから、いつがスタートだっていい」

あと、電波に乗せれないエロい話題が多かったですね〜

最後に、クロッキー帳にサインまでしていただきました。
(記念写真も撮らせてもらいましたが、ブログでは控えときます。)

☆終わってみて…
テレビで見る印象と違わず飄々とした感じの方ですが
「えほんとはかくあるべき」と
強い信念をお持ちなのが伝わりました。

あと、何となく背中を押されて勇気づけられた気がします。

「忙しい」は理由にはならない。情熱が足らないだけ。
本当にやりたい!と思ってやってたら
「気づいたら時間がなかった」ってことになるハズなので。

仕事とは別にやりたいことを
時間を理由に逃げないようにしたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA