Web Directions East 2012 福岡会場に参加しました

7月31日にアクア博多で開催された
Web Directions East 2012
ミニカンファレンス&アフターパーティ
(福岡会場)
に参加しました。

忘れないうちにメモを残します。

Future of Mobile

登壇者:Luke Wroblewski

印刷物から始まるマスメディアの歴史。
印刷物→レコーディング→映画→ラジオ→テレビ→インターネット
そして7つめのマスメディアであるモバイルデバイスへ。

これまでのマスメディアの変遷において
前のマスメディアを継承して次に持ってくる傾向があり
それぞれが違うメディアだと気付くまでに時間を要した。
そういったことは自然なことで
変化の最後の段階で違うものであると気付く。

「ログインページ」
「ショッピングカートのお支払いページ」
をPCからモバイルに持ってきたことで
それらのページの使い勝手の悪さが顕著なものになった。
利用者の離脱率の高さなど目に見えるかたちで現われている。

モバイルデバイスに移行したことで問題が露になってくれた。
それらの解決策は、PCにおいても役に立つ。
そして、未来に向かって後押ししてくれる。

これからのデバイスについて。
Windows8は、英数字の羅列より
人間らしい入力=ジェスチャーでログインできる。

ボクらは、ユーザーがもっと簡単にログインできるようにしなくてはならない。
従来の画面デザインの方法に捉われてはいけない。

The Web of 2014

登壇者:John Allsopp 氏

15年前のブラウザと現在のブラウザを比較して
機能面、レイアウト面でほとんど変化が無いことが分かる。

なぜ変わらないのか?
ブラウザの中に捉われているから
イマジネーションがわかない。

自分たちが最初にやらなければならないことは
ブラウザから離れること。
すでに次の技術があるのに、未だにブラウザに捉われている。

これまでのインタラクション(直訳:相互作用)は
クリック、タップなど。

Unconscious Interaction(無意識な相互作用)について。
例えば

  • 人の状態(寝てる、起きてる、何かしてる など)
  • 冷蔵庫を開け閉めする
  • 体重計に乗る

といった日常動作により無意識に入力する。

無意識なインタラクションを可能にするデバイスの例。

  • ninjablocks:小さなネットができるデバイス
  • twine:センサーがついた小さなデバイス
  • belkin wemo:差し込むだけでプラグの状態がみれるデバイス。
  • Withings:乗るだけで体重などのデータを送る体重計。
  • motoactv:腕時計のように身につけられるデバイス。

(メモ終わり。以下感想)

無意識のインタラクションの事例で紹介されていたWithingsの体重計は
つい最近、我が家でも購入したものでした。

John Allsopp氏は
私も愛用しているSleep Cycleも使われてるそうです。

日常の動作の中に入力作業が仕込んだり
使う人の入力の手間が減らすにはどうすればいいのか。

自分や他人が不満を感じるのは
どんなとき?それは何故?
それはどうやったら解決できるの?
を意識して観察し、メモすることからやっていきたいなと思いました。

(写真は左からLuke氏、わたし、John氏)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA