「対話のない社会」を読んで

最近読んでいる「対話のない社会」で
日本では、衝突を避けるための沈黙か
自分の権利を押し通すだけの一方通行な主張はあっても
「対話」があまり存在しない、と書かれていて
そうだなと思うと同時に
「対話」ができるよう自分も心がける必要があるし
「対話」ができる環境をいかに作るかを考える必要があると感じた。

対話の話から少しそれて、これからのデザインについて思いを馳せた。

これから日本でも広まってくるであろうCo-Design(参加型デザイン)では、
対話ができる場を作るファシリテーターとしても振る舞えるデザイナーが求められると思う。

クライアント、利用者、ステークホルダーを一同とした場をつくり
それぞれの奥底で考えていることを引き出し
それらを図・イラストなどで状況を視覚化し統合していく力。

自分にとって今はその試行錯誤の時期で
色々なところに出没してるんだと思う。


「「対話のない社会」を読んで」への1件のフィードバック

  1. 初めまして、WP日本のページから流れて来ました。

    本は読んで無いですが、最近同じ事を感じてます。私の知る限り、先ず英語では何の課題にしても良くあるフォーラムが日本語では少ないです。在っても建設的な会話が盛り上がらない、残念です。

    Mutsuki さんは Google+ のアカウントお持ちではないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA