[レポート]MONOCAFE 2014に出展しました

MONOCAFE 2014にSunBeeとして出展
11月15,16日 西日本総合展示場で開催された
MONOCAFE 2014にSunBeeとして出展しました。

SunBeeブース

しかじろうさんは2作品出展。

自動水やり機(水分センサー)
自動水やり機(水分センサー)

花をかぐと尻尾ふる犬(においセンサー)
花をかぐと尻尾ふる犬(においセンサー)

犬のぬいぐるみは子ども達に人気で、集客効果もありました。
今後、作品展示する際は、こういった面も参考にしようと思いました。

一方、CGFMの二人が出品したのはナスカー(車になったナスくん)。
当てる光の色によって動きを変える、カラーセンサーを使った作品です。

環境光によって取得される数値が変わってくるため
会場の光のもとで、再度セッティング。
ナスカー調整中

自分が選んだ色によって動きが変えられるのが嬉しいようです。
ナスカー

ナスカー

楽しんでくれて、ありがとね!

あのラボさんの組み木パネル「KUMICA」は
いつも子どもたちで賑わってました。
組み木パネル「KUMICA」

SunBeeブースの目の前にあった黒い球体はプラネタリウムです。
プラネタリウム
14人も入れるそうです。

モノカフェに出展する!という目標を作ったことで
「いつか触ろう、作ろう」と思っていたArduinoを使って
1つの作品を作れたのが良かったです。

そして、しかじろうさん、博多図工室 室長の協力なしでは
完成し得ませんでした。本当にありがとうございます!

来年のCGFM合宿は”動く何か”にしようかな〜と。

▼ナスカー制作までの道のり
9月中旬:しかじろう先生によるArduino講座
この時、博多図工室 室長のアドバイスでカホパーツへ。車体を買う。
9月末:団体名「SunBee」としてモノカフェ出展申込
10月上旬:ナスカー本体となる車体の組み立て作業
10月中旬:Arduino講座のふりかえり(独習)。
その後、オアシスを削ってナスカーの外側を作る。
ナスカー本体となる車体の組み立て作業
10月下旬:カラーセンサー届く
カラーセンサー
11月8,9日:我流氏によるカラーセンサーのプログラミング

以降、業務の合間を縫って調整作業


11月15,16日:モノカフェ出展。当日の調整作業。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA