【レポート】FWW_サイト運営・管理研究会(仮)Vol.1

9/14(日)の14時からAIPカフェにて
FWW_サイト運営・管理研究会(仮)の初会合がありました。

はじめに、出席された方に付箋を渡して
前に出て何か話したいこと、聞きたいことを書いてもらいました。

収集したテーマを元に話題の流れを考慮して
スピーチの順番を決めていきました。

まず始めに話すのは
この研究会の構想を最初に考え、我流氏を動かした(?!)西嶋さん

  • タイトルは70バイト以内がいいらしい
  • パンくずの現在地はstrongタグで囲む

など、実践的なポイントもいくつか挙げながらも
「魅力あるコンテンツが大事」
という結論でまとめられました。

八尋さんは、実際にJA福岡市のサイトを運営・管理・制作をしています。
もともとプログラムやWebサイト作りの経験はないそうですが
組織内で更新できるシステムとしてMovabletypeを導入しています。
また、物販も考えているため
現在はEC-CUBEを導入し、試行錯誤されていて
その経験を語ってくれました。

EC-CUBEつながりで
次はアイキューブドシステムズに所属の上戸さんが
EC-CUBEについてお話しました。

上戸さんは会がスタートしたときに
EC-CUBEをダウンロードしてインストールを済ませたものを元に
ライブで説明を始めました。

EC-CUBEはデフォルトの仕様のまま扱う分は便利だけど
いざ、お客様の要望を盛り込んでカスタマイズしようとすると
とても面倒な構造なんだそうです。

だからと言って、EC-CUBEくらい高機能でオープンソースという条件で
EC-CUBEより導入が簡単なものは
今のところ無さそうです。

スタート時や予算がないときはASPサービスを使って
予算がつくならば自前でシステムを作るのがいいんじゃないか?

というところでまとまりました。

実際にECサイトを運営している
ココナッツジャムの有常さんが、自身の経験を元に
「ECサイトの運営」についてお話しました。

日中は出勤し、帰ったら子育てをしながら
その合い間、寝る間をぬってのECサイト運営は
「時間の使い方」が鍵となるようです。

時間を省けるところ、人に任せられるところを分析して
必要なところに時間をかけられるように工夫したそうです。

あと、有常さんご自身の経験上
SEO対策は重要ということでした。
検索順位で上位にならないと、購買に繋がらない訳です。

将来的にネットショップ開設を考えているYUKIちゃんが
めっちゃ真剣に聞き入っていました。

そのYUKIちゃんこと山口さん
「CMSいらない」というテーマで
なぜ要らないかを、管理画面を見せながら解説していきました。

続いて、私がをWPやMTをカスタマイズして
自分のサイトを作った経験を元に
WPやMTはどっちが使いやすいか、自分なりの考えを話しました。


WPのソース
WPとMT by mutsuki

MTのソース
MTのソース

私はどちらかと言えばMT派で
何故かと言えば、デザインのプレビューを見ながら制作を進められるからという
ワガママな理由によるものですが
それは他のデザイナーも共感してくれました。

そのMTをもっとデザイナーの作業環境寄りなソフト
Dreamweaverと組んで活用しているブランコの山田さんが
「Webデザイナー的なCMSの愛し方」と題して
実績やDWの画面を見せながら解説していきました。

山田さんが制作した新極真会のサイトは
あの、優れたWebデザインのギャラリーサイト「あんじょうできてはる」でも紹介されるくらい
突き抜ける感じが気持ちいいデザインです。

次はDWつながりで
「DW+Contribute」の組み合わせによるサイト運営について
CGFMの我流氏が時間枠を超えて語りました。

北九州からお越しの安部さんが
WPを使って制作したイデオートサービスのサイト運営について
管理画面を見せながら解説していきました。

安部さんは元々コンサルタントをされていますが
お客様の要望で次第にWebサイト制作も手がけることになり
タグ打ちからスタートしなくて済むようCMSを導入したそうです。

WPのカスタムフィードやGoogleサービスを活用して
更新性も考えられた上、見る人のことも考えられたサイトです。

続いて、WPのプラグインを使うどころか
自作でWPプラグインまで作っちゃう強者が登場。

大久保さん
「WPプラグインこんなの作っちゃったよ」自慢(?)には、ただただ脱帽。

大久保さんほどの年齢(←失礼)で
作る人として第一線で頑張ってて
若くて才能ある人にひけをとらない追究心を持った方は
なかなかお見かけしません。

デザインに定評のある高田さんからは、Serene Bachについてのお話。

デザインを主にするため、めったにコーディングすることのないそうですが
低予算(5000円程度)で、プログラムを触れないデザイナーでも簡単に導入できる
Serene Bachの良さを語ってくれました。

続いてパーシモンズの柿元さんが
実際にSerene Bachを導入した実績を紹介してくれました。

ちなみに、Serene Bachの開発者は福岡県にいるそうです。

最後に、9Allowsで有名なアイキューブドシステムズの田村さんが
自社開発ASPサービスのNYokki(ニョッキ)を紹介しました。

NYokki(ニョッキ)はオープンソースのMODxを元に改良を加えたもので
ASPなので、導入するサーバーの心配などをしなくて済みます。

他にNYokki(ニョッキ)の特徴の一つとして
お客様がプレビューを記事を入力と同じ画面できるので
編集しやすいことが挙げられました。

14時からスタートして、終了予定の18時を多少オーバーしましたが
無事、第一回の会合は終了しました。

終了後、その場で1人千円を徴収して懇親会を開きました。
懇親会でも熱い話題が出て面白かったです。

あと、意外な先輩・後輩関係が発覚したり…
福岡って狭いですね~


「【レポート】FWW_サイト運営・管理研究会(仮)Vol.1」への7件のフィードバック

  1. 昨日はお疲れ様でした。
    ごそごそ起きて、昨日のまとめをしている途中で、このページに…。
    た、助かりま~す。

  2. 昨日はお疲れ様でした。

    こうして改めて振り返ってみると有意義な時間を過ごしたなと感じます。
    今回話せなかった人もいるので次回も参加できればと思います。

    #今になって発見しましたが「安部」なんです。フォントだと意外と気づかない物ですねw

  3. 質問させてください。

    このFWW_サイト運営・管理研究会というのは

    拝聴だけの参加も可能なのでしょうか?

    それとも参加者は話す題材がある方を基本的に募集されているのでしょうか?

  4. いつも上手くまとめられていますね。
    わからない言葉が多かったので、振り返って見てます。
    私のスライド、タイトルからタイプミスしてますね(^^ゞ
    (見直してない証拠だ・・・)
    編集、お疲れさまでした。

  5. >香山さん
    いえいえ~お役に立てて何よりです。
    ところで、お身体のほうは大丈夫ですか?

    >安部さん
    す、すみません。「部」に直します(^^;

    安部さんのWP管理画面が勉強になりました。

    >とっすぃさん
    >拝聴だけの参加も可能なのでしょうか?
    できますよ。
    この会は「話す側」と「聴く側」を2分割するのではなく
    その境目がない感じで互いに話せるのがいいところだと思います。
    質問だけでも抱えて参加されると
    より有意義な時間が過ごせます、きっと。

    >有常さん
    有常さんの貴重な体験記がすごく参考になりました!

  6. とっすぃさん、ごめんなさい。
    少しコメントを訂正します。

    この会の当面の運営方針により
    「拝聴だけ」を目的に参加される方より
    質問でも構わないので「発言する」意思のある方を優先的に申し込み受付することになりました。

    だから、何か質問したいものがあれば大丈夫ですよ~
    あとは申し込み受付を聞き逃さない必要がありますが(^^;

  7. <この会の当面の運営方針により
    <「拝聴だけ」を目的に参加される方より
    <質問でも構わないので「発言する」意思のある方を優先的に申し込み受<付する

    そうですか。了解しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA