ルイーダの酒場が欲しい

idea001.jpg

福岡のWeb制作に携わってる方々と
話してると出てくる話題で

・制作会社には仕事の(比較的)安定供給
・クライアント会社に対しては安定した品質を保証

を可能にする
小さな制作会社やフリーランスをとりまとめる
ギルド的なものが欲しい、っていうのがある。

それがいわゆる「ルイーダの酒場」だと思う。

そこで私が欲しいと思う「ルイーダの酒場」像を
ラフスケッチしてみたのが上の図だ。

1階がお店にも、打ち合わせ場にもなる
カフェスペース(夜はカクテルも提供するとか)

手前の壁にプロジェクターで映し出すことも可能。
2階が少人数の会社や個人経営者がシェアする作業スペース。
奥か上の階に、この店を経営する会社用の部屋があってもいい。

下のフロアのイメージは
Webデザイナー、プログラマーだけでなく
フォトグラファーやコピーライターなど
何かしらのクリエイティブな職種の集まるサロンのようなイメージ。

そこに集まった人たちの会話の中で
何か1つの仕事や作品を作る話が自然と生まれるような空間。

こういった、クリエイティブな人たちが自然と集まれるような場所には
低い価格設定が望まれる。(何故なら、そんなに儲かってないから)

行政がIT業界の特に制作者側を支援して
上のイラストのような場を安く提供してくれたらいいなー(切望)

~~~~~~~~~
…上記は行政に頼る案だけど
自分達でできることから始めるとするなら

・2~3DK
・広めの1、2部屋を複数人で作業スペースをシェア
・1部屋を「会議室」としてシェアし
使用しない時間は上記のカフェスペースのように
クリエイター仲間が出入り自由な場所にする。

…のようにしたら実現可能だと思う。
んでもって、会社規模が大きくなったら
カフェスペースも大きくしていけばいい。
徐々に「ルイーダの酒場」を創っていく感じかな。

そうなったら…面白いね。


「ルイーダの酒場が欲しい」への3件のフィードバック

  1. ボクがタトゥーを入れたスタジオはmutsukiさんのスケッチみたいなお店でしたよー。
    1Fがカフェスペースでアルコールも飲めて、2Fがタトゥースタジオで、みたいな。
    mutsukiさんのスケッチほど広々ではなかったですが、1Fのカフェスペースもちゃんと保健所とかに届けを出して真面目に営業してましたよ。

    では、また土曜日にお会いできるのを楽しみにしています(^^♪

  2. 宗形です。私みたいなことを考えている人がいるんですね。仕事場、キッチン、飲み屋、会議スペース、ぜんぶ統合して人が集まれる場所、いいですよね?。

    私はさらにそこに居住スペースが欲しいなぁなんて思ってました。
    http://d.hatena.ne.jp/monyakata/20070126/1169762112

    ただ、私の頭にあるイメージは「ルイーダの酒場」みたいなお洒落なのじゃなくて、自然の多いところにあって、倉庫とコテージ村が通路で合体したようなもんなんですけどね。(^^;;
    # 私も絵、描いてみようかな。

  3. こういう場所欲しい方は意外といらっしゃるんですよね~

    そう思うと、みんなで知恵を出し合えば、こういう共有空間も実現できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA