MENU

公開直前に判明した事実

今日は2月中旬公開予定のプロジェクトの、最後の定例打ち合せだった。

そこで1つの事実が判明。

クライアントのWeb担当者が、 なんと大学の1年後輩だと判明。
これには 腰が抜けるぐらい驚いた。
(うちの大学は超マイナーで小さな所だったので)
半年以上やり取りしていたけど、全く予想だにしなかった。

無論、 共通の知り合いがたくさんいた。
(これは今度、飲むしかない。)

今回のプロジェクトが終盤にさしかかり、良い感じでブラッシュアップできてる。
幸運だったのは、公開前にタイミング良くクライアントに入社したばかりの新人さんが最終チェック担当として投入された事。
おかげででスパムメールばりに修正タスク切られる羽目になるわけですが、
長中期のプロジェクトにとって無関係の人のチェックは本当にありがたい事です。
長い事やってるとどうしても「慣れ」がチェックの邪魔をしがちなので。

いつも打ち合せにはパートナー会社の担当の車で移動してます。
センス良いBGMが流れる、乗り心地の良い車での小一時間のドライブはいつも楽しいのですが、公開後は無くなると思うとちょっと寂しい。

「早く公開したいですね!」

と今のプロジェクトの関係者が口を揃えて言えた事がとても嬉しかった。

クライアントの担当者たちもパートナー会社の方々も、
そして制作してるCGFMデザイナーも僕自身も、
早く公開したくてうずうずしてるのだ。

関係者達と逃げずに議論すべきところは議論してきた甲斐があったっと実感中。

今回、本当に勉強させてもらってる。
制作はもちろん、ディレクションからスケジュール、運営・更新の方針等等。
自分に取って中々無い規模のサイトであり、少し特殊な運営方法なのでいろいろ手間取った感があるけども、確実に自分に取って成長できたと実感できている。

しかし感慨深くなるのはまだ早い。
まだ終わりではないので気を抜かずに詰めの作業を片付けなければ。
公開後はきちんと反省箇所、改善点、今後生かす点などを考えよう。

でも今日の打ち合せはとても充実したものだったので、缶ビールで晩酌。
滅多に自宅で晩酌はしない私だが、今日のビールは美味かった。

こんな晩酌ならたまにしたい。

この記事を書いた人

Web制作の日々のブログです。
主に自分用のメモが大半。

コメント

コメントする

*

目次
閉じる