Cacooup Fukuokaに参加。ステンシル機能がいいね

Cacooサイト
Cacoo – Web上で図の作成とリアルタイムコラボレーション

7/27はオンライン描画作成ツールCacooのユーザーが集う
Cacooup Fukuokaに参加しました。

そこで、最近つけられた新機能「ステンシル」の実際の使い方と
今秋にリリース予定のCacooストア(ステンシル配布・販売)について聞くことができました。

ステンシル機能は、まだ使ったことがなかったのですが
Cacoo開発チームのデザイナー、たかださんが
分かりやすくデモンストレーションしてくれたので
早速試してみようと思います。

まず、Illustoratorでイラストを作成。
イラストレーターデータ

SVG形式で保存。
この時「Illustoratorの編集機能を保持」のチェックを外すと
データ容量が軽くなるそうです。
SVG保存時にチェックを外す

Cacooで新規にシートを作成します。
上のメニューから「PC上のSVGファイルを挿入」を選び
先ほど作ったSVGデータを読み込みます。
SVGファイル読み込み

SVGデータを選んで開く

すると、Cacoo上にイラストが取り込まれます。
プリンさんSVGが入りました。

別のアイコンを追加するときは
同じシート上で、別タブを作成して
同様の行程でSVGデータを読み込んでいきます。
ナスくんSVG入りました。
トマさんSVG入りました。

アイコンを追加し終わったら、シートを保存します。
種別をステンシルに変更するのを忘れずに。
保存時はステンシルを選択

シートを閉じて、新規にシートを作成します。

ステンシル・ツールパレットの中にある
「ユーザー定義ステンシル」の中身を確認してみましょう。

ユーザー定義ステンシルの中身
↑追加されてますね(・∀・)

通常のCacoo編集時のように
ステンシルからキャラクターを持ってくることで
こんな絵も簡単に描けるのです。
ステンシルからシートに配置

↓こっちはCacooで書き出された図。
 Cacooの編集がそのまま反映されるのも楽ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA