始め方は分かるけど止め方は教えてくれないよねって話

イベント運営でふと立ち止まったら考えてみて。

Future Sync vol.3のセッション
もし福岡のコミュニティがなかったら? 〜 とある福岡ITコミュニティの話
でも、ちょっぴり出た話題。

コミュニティや勉強会を始める障壁は低くなった。
でも、止め方って誰も教えてくれないよね、って話の裏エピソードってことで。

私も小さいながら仲間と2007年にコミュニティを立ち上げたことがありました。

最初の頃は、やること何もかもが新しくて楽しかった。
だけど
次は何を企画しよう。
デザイナーってやってることの幅も広いし初心者上級者もいるから
満足してもらえるような内容にするのって難しいよね
って考えて悶々とするけど、誰にも相談できませんでした。

「次はいつ開催するの?」
「今度はこんなネタでやって欲しいな」

という要求に応えられず
いつしかそのコミュニティを自然消滅させてしまいました。

ずっとそのことが心に引っかかって
コミュニティを消滅させてから1年程は
それまでコミュニティ仲間に会いたいがため
足しげく通ってた勉強会への足が遠のいてた時期がありました。

(その間は週1ペースで脚本塾に通ってて、それはそれで充実した1年だったけど)

それから自分の中のほとぼりが冷めて
少しずつコミュニティに顔を出すようになって今に至る訳ですが。

勉強会を立ち上げてきた人が
ひょっとしたらぶつかるであろう壁が目前に来た時
「それは、そうまでしてやりたいことなのか?」を振り返って
そうでなければ止めたっていいんだよ、って。

嫌だからただ止めるんじゃ無くて
本当に自分がやりたかったのは何なのかを考えて欲しいなって。

あとは、自分を責めないで欲しいなって思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA