「RBC」タグアーカイブ

Rubyビジネス・コモンズ 1周年記念イベント

Rubyビジネス・コモンズ 1周年記念

私もちょくちょく勉強会に参加している
Rubyビジネス・コモンズ(RBC)が、今月で1周年を迎えます。

で、私はいつも教えてもらう側で
もらってばっかりで心苦しかったのですが…(T T)
1周年記念イベントにあたって
少しだけお手伝いする機会ができました。

スタッフTシャツの図案作成と
イベント告知チラシ・うちわのデザインをしました。

キャッチコピーは、私が「仮」で入れてたのですが
そのまま通ってしまったので、ちょっと恥ずかしいです。

Rubyビジネス・コモンズ 1周年記念セミナー

【日程】2008年7月22日(火)・23日(水)
【会場】イムズホール・アクロス福岡
【主な内容】
記念セミナー、記念懇親会、事例発表、事例展示
イケテル勉強会(ビジネス勉強会、Adobe AIR、Rails勉強会)
特別企画(Rubyの生みの親、まつもとゆきひろ氏のライブコーディング)

22日午後、アクロス6階では
天神・大名WiFi協議会」の取り組みを直接聴くことができます。
天神・大名WiFi化プロジェクトについて興味のある方は是非お越しください。

22日アクロス9階で行われる
「イケテル”ビジネス”勉強会」と
「Adobe AIR」&「イケテル”Rails”勉強会」は
夏休みに入ったばかりの学生さんにもオススメのメニューです。

よかったら、是非参加してみてください。

円陣と言えば…

しまっていこうぜ

6/24はRBC(Rubyビジネス・コモンズ)のイケテルJRuby勉強会に参加。

いつもと違って技術に寄り寄りな内容だったので
手を動かすより聴くことに専念。

JRubyで記述したプログラムは
文字の流れが、人が普通に書く文章のような滑らかさを感じる部分もあった。
そこが「エレガント」と評される所以なんだな~、と素人ながら思った。

あと、JRuby作者であるCharles Nutterさんがゲストとして来場されてたのだけど
英語が怪しい私でも楽しめるくらいプレゼン上手でステキな方だ。

音に反応してパーティクルの動きや大きさが変わるプログラムはキレイだった…。

しかし、まさかCharlesさんまでねこび~んをご存知だったとは…
ありがたや、ありがたや。

☆上のイラストは、勉強会の休憩時間中に描いたラクガキ。
夏と言えばスイカ ぐらい、RBCと言えば「円陣」だなぁ。

【レポート】イケテルRails勉強会

今回のRBCRails勉強会は
Loc-a-go-goシステム(※)についての講演と
そこから得られる位置情報を元に
実際にRailsで1つのサービスを作っていく、ってことをしました。

■Loc-a-go-goシステムについて(by 田頭先生@九大)
WiFiのアクセスポイント接続によって
GPS機能のないネット端末(ノートPC、iPod touch、DS、PSPなど)でも
「いま、自分がどこにいる?」
ってことがおおよそ特定できるようにした
技術の概要をお話されました。

天神・大名WiFiプロジェクトにおいて
WiFi環境を作っているFONルーターには
接続した人への位置情報を発信する機能はありません。

でも、もし受信したアクセスポイントから
その人の現在地を特定できれば
WiFi空間を使った、もっと面白いサービスができるはず!
と、コミュニティメンバーは考えていました。

そのため、このLoc-a-go-goは画期的な技術なのです。

以下、講演の内容をまとめてみました。
(間違ってるかもしれないので、見つけたら言ってください)

田頭先生

アイデアの原点

アクセスポイントとランドマークを置き換えて考える

データの蓄積

データの精度を上げる

このようにして、WiFi端末利用者がアクセスポイントへ接続することにより
現在地を特定できるのだと分かりました。

それを踏まえて、実際に動くプログラムを作っていきました。

勉強会ではマッシュアップを行う

一通り作り終わった後
Loc-a-go-goを使ったアイデアを各班で考えて発表、というのもありました。

ウチの班は、「誰かが通った足跡が見える(けものみち)」サービスを考えました。

人気の店がある付近では、足跡が重なって濃くなり
人気がない、もしくは隠れ家的な店なら、足跡が少なくて薄くなって見える
ってものです。

私が発想した段階では、さほど実用的なアイデアじゃなかったのですが
同じ班のザイナスのこーせーさんが
売れそうなサービスへと話を盛り上げてくれました。

面白いサービスを思いついたらすぐ作る
ってことを常に行動されてる方なので
頭の鍛え方が違うな~!と感心させられました。

(私も頭鍛えますよ。徐々に。)

イケテル“ビジネス”勉強会@福岡

しちりんたろう

4/12(土)はRBC(Ruby ビジネスコモンズ)の
イケテル“ビジネス”勉強会に参加しました。

今回の内容は
「これから新しいことを模索しようとしているITベンチャー企業」

「自然に恵まれているが、過疎化が進む街の商工会」

意見をぶつけたり協力し合って
お互いのためになるビジネスを模索し提案する
というものでした。

▼企画で面白かったのは…
【イケメン計画】
街のイケメンに磨きをかけて、イケメンを増やし
女子を村に呼び寄せイケメンとくっついてもらい
結果的に街の人口を増やす。
イケメン教育プログラムで、常に街からイケメンが生まれるシステムも完備。

【ネコ目線ブログ】
街にネコを大量に放ち、街中のあちらこちらでネコが見られる
「ネコ好きのメッカ」にする。
ネコ目線で書いたブログでニュース配信。
(登場人物は全てネコ関連)

…上のネコキャラは、その時に生まれたもの。

▼街の設定そのものが面白かったのは…
【うっみっやっまっまっち】
隠れキリシタン料理が未だに残っている。
UFOの出現スポット。ミステリーサークルも?!
島なので独自の生態系。

…これらは勉強会の成果のごく一部です。

ビジネス勉強会なのに「プレゼン勉強会」の様相も…?!
ってくらいに、参加メンバーのプレゼン能力がアップしてるのが
このビジネス勉強会の1つの特徴だと
私は勝手に思っています。

人を退屈させないどころか、食い入るように見て聞いてしまうような
プレゼンってスバラシイなぁ

勉強会のゲストのITmediaの藤村社長の貴重なお話の後
一瞬会場が暗くなって「?」と思っていたら
楽しいサプライズが始まりました。

勉強会を主催されている最首さんが誕生日を迎えられるということで
メンバーの方々から誕生日ケーキと花束が贈られました。

メンバーそれぞれが、勉強会の「場」を作ってる感じがいいなぁと思いました。

RBC イケテルRails勉強会@福岡

rbc0315.gif
RBCの勉強会に参加。

今回はRails勉強会ということで
タイピングの時間が多く、みなさん黙々と作業するため
全体的に静かな勉強会だった。
(実はいつものテンションが異常かも~)

今回の勉強会は、Railsを使っての
APIを用いたマッシュアップサイトのレシピを習った。
(もちろん、使用ソフトはNetBeansで!!)

最首さんが紹介されていた、APIが公開されてる「顔ラボ」を使ったら
こんなアニメができないかな?と思って描いたのが上の絵。

顔ラボAPIの優れてるところの1つは
写真の中にある複数の顔を認識できるところ。

例えば、友達と一緒にとった写真を使ったり
恋人との2ショット写真を使ったら
写った人の顔を全部切り出すことが可能だ。
(流石にクラスの集合写真は難しいかな?)

…いっそのこと、プリクラで撮った写真を
顔ラボAPIを使ってその場で
携帯待ち受け用に画像を加工して(Flash Liteアニメとか)
QRコードを表示してデータを取得できるようにするとか…

…いかん、アホなことしかアイデアが湧かん。

▼勉強会の内容
——————————
ウォーミングアップ
・オブジェクト指向について

実践編
・Yahoo!ニュースのリクエストURIを作る
・WebAPIへのアクセスをつくる
・自分のニュースとマッシュアップする
・WebAPIの設定
・RSS配信元になる設定
・音声・映像RSSをポッドキャストで番組登録

番外編
・メンバーが作ったマッシュアップサイトの発表会
——————————

勉強会後の打ち上げ懇親会では
ねこび~ん採用の件で、みなさんから励まされて
心の中で「うれしいニャ」を連発していたのだった…