新ハガレンEDはFlashで作られてた

たまには個人的趣味のアニメネタを。

鋼の錬金術師(以下、ハガレン)の新シリーズが始まりましたね。
たまたまYoutubeで新ハガレンのオープニング(OP)やエンディング(ED)がアップされたのを見てたんですが、そのエンディングムービーが「Flashで作られた」ってのを知って驚いたんで書いてます。

まずはYoutubeの映像を。

で、EDがイラストタッチで味のある、良い感じで、
「どっかで見た事あるな〜」と思ってたら、
1m16s辺りで↓のネコが。
hagaren_ed_neko

「あ! さなか&ねこ のねこじゃないか!」
と思わず叫んじゃいました。

(さかな&ねこ は 「猫が魚を様々な状況で喰らうけどグロテスクな表現は無いシュールなアニメ」としてオススメですw)

それでさなか&ねこの作者:森井ケンシロウ公式ブログを覗いてみたら、
ハガレンのED作らせて頂きました。」ってエントリーで、ハガレンEDを作られた事を書かれてて納得。

で、その記事中で驚いた部分。

FlashでつくったけどFlashぽく見えなくなりました。
まあ、他のアプリも使ったんだけど。

えーーー!!
あれ、Flashで作ったの!?

(他のアプリを使ってるとあるけど、まー仕上げとか放映用の映像にエンコーディングしたとかのレベルじゃないだろうかと勝手に予測)

最近、自分の中で「Flash = Webサイト、Actionscript」ってのがあったけど、
素直にアニメーションとしても使われてるツールなんだなと再認識。
使う人次第だよね、「道具」だから。

商用の、しかもビックタイトルのアニメで使われるって凄いな。
「Flashで商用アニメ」だと蛙男商会を連想してしまう僕もおかしいですがw

なんだか感動してしまったので書いたエントリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*