台北旅行記 2日目(2014年1月18日)

西門紅樓

粥で迎える台北の朝。
粥


中山エリアを散策。
台北の町並みは独特で見てて飽きません。


散策から戻ってナストマくん達を引き連れ
明星和楽会場の西門紅樓へ。


会場設営中。


福岡市の展示コーナー。

1階にナストマくんを展示しました。

旅の指差し会話帳で探しながら台湾語を書いてみたり。

海のものとも山のものとも分からぬ異国のキャラクター。
素通りされても仕方ないと思っていたら
話しかけてくれる人がぽつりぽつりと。

日本語が少しわかる85歳のお爺さん
日本語を学び始めた北京の学生さん
ロリータファッションに身を包んだ若い娘さん などなど。

「日本語だったから気になって」
「何となくキャラクターが気になって」

日本語も英語も話せないながらも
筆談で意思を伝えようとしてくれた方もいらっしゃって有り難かったです。
私も簡単な台湾語ぐらい話せるようにならないとなぁ…と思いました。

ナストマくん展示をしつつ我流さんと交代で
メインイベントの明星和楽をちょこちょこと見に行きました。

2階会場の雰囲気がノスタルジックさと相まって格好良かったです。
「明星」って言葉が似合う空間だったと思います。

いちえさん

会場近くのお店にて筆談で注文したバーガーを昼食に。
t2016

会場の外は、若手作家さんによる出展イベントが同時開催されていて
お祭り感が倍増してました。
t2013

どうしても、ここで買わないと後で後悔しそうなので買ってしまった西瓜ポシェット。
t2015

会場の中にも若手作家さんの店舗がいくつもあって賑わってました。
おしゃれさんが集まる建物なんだろうなぁ。

 

 

17時過ぎにナストマくんを撤収して2階会場へ。

人が多すぎて入場制限してました。

福岡ナイト。

天使が福岡に現れたと最近話題の
橋本環奈さんが所属しているグループRev .from DVLが出演したり
福岡市カワイイ区の2代目区長をされてるミカエラさんが登場されたり
福岡市の高島市長が福岡市をアピールするプレゼンをされたり

明星和楽が福岡市の魅力をアピールするハブ的な役割を果たしてるんだなと思いました。

その後の出演者によるパフォーマンスも素晴らしかったです。

夜になると、会場周辺の出店が夜市みたいになってました。

明星和楽の会場を後にして、
今日・明日まで台湾に滞在する面子で
会場付近のアキバっぽいエリアを散策。
その後、中山駅から近い夜市へ繰り出しました。

(3日目へ続く)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA